Page 5

あたたかな時を過ごしている時の顔
ほっとするとき、心地いいなと思うとき、どんな顔をしていますか 穏やかなとき、やさしい気持ちの時、どんな声で話していますか こころにほほえみがあるときに、時をじっくり味わっていると こころ素直にいられます もちろんそんな心持ちばかりでないから、そういう時間が とても大切で、そっとすくうようにしたくなるのかもしれませんね
糸のゆくえ
触れたらほどけそうなその糸 指の先に触れるか触れないか やさしく愛でる もう少しでそうあってほしい形になるのに ほどけていってしまう 何回か繰り返すたびに そっとしていたつもりでも そうであってほしいと願うほど 変わっていってしまう それなら そっとすくってみようか
自分の声が聴こえてこないなら風におまかせ
充足は日常にある。 もっとほしいな。あれがいいな。 そう思うこともあってもいいよね。でも実は自分もこんなに持ってるのよね。 こんなに充実した日を送れるのも自分の中にたくさんもってるからなのよね。 なにを?? それは自分がよく知ってるはず。 目で追わなくてもね、少し立ち止まってみるとね。 ・・・ 聞こえてこなければ、聴こ...
poetry foundation 英詩を見たり聞いたりすることができるサイト〜クリスティーナロセッティの詩より
クリスティーナ ロセッティの詩の世界が好きです。イギリスの詩人で、慈しみの心と、物事は愛に溢れていることを感じさせてくれるからです。 特に、”I wish I could remember that first day”をラジオで聞いて、言葉の響きの美しさに惚れ惚れしたのを覚えています。 その詩...
辛い時間や心の痛みを乗り越えるために自分でできること
当事者にとって、とてつもなく辛く、悲しく、ここにいられるような状態でない時間というのは、年を重ねていれば、少なからずあることでしょう。 でもその事柄は、となりのとなりの人には、痛くもかゆくもない出来事で、声をかけてもらえればいいほうで、 「そう」で終わってしまうこともあります。 共感できても、相手の痛みは相手にしか解決...
スマートに生きるために
カバンの中のもので、今日使ったものはなんだろうか。使わないのに持っていったものもあり、小さなことが、余分なことをうんでいるはずだ。 これも使うかも、あれも使うかも、たくさん持っているからと安心しがち。 持ち物が生き方につながる。 スマートに。しなやかに。ありたいものです。 そうしたら見ようとしなくても見えてくるんだな。
冬の桜並木に見る次へのサイクル
春は上を向いて歩くことが多いけれど、冬は足元を見ていることが多くなります。満開の桜だと、たくさんの人にみられるけれど、冬のとつとつとした枝ぶりは、見る人があまりいません。 見られなくても力を温存して、エネルギーを蓄えています。次のサイクルへと、しっかりと進んでいます。 冬の桜並木を自転車で通りながら、尊敬の眼差しを向け...
おせちは漢字で御節。その由来はどこから?
おせちを漢字で書くと”御節” 御は思いつくけれども、節は知らないとなかなか結びつきませんが、由来を聞くと、なるほど!とわかります。 御節の由来 御節供(おせちく)や節会(せちえ)の略です。 節会は、日本の宮廷で節日(祝の日)などに天皇のもとに群臣を集めて行われた公式行事〜Wikipediaより〜...
自分がどうありたいか、ややこしいことを考えていくと絡まったりほどけたり。さてその先は
おだやかに、優しく、たとえ荒波があっても、どうにか生きながらえる体力と運を持ち、すこぶる爽快に、笑いを携え、夢とともに希望に向かって進んでいけます。 困難には立ち向かうばかりでなくて、回り道や逃げ道もあることを知っていれば、手助けがそばに届いているかもしれません。 自分はこうありたい、と思えば、そのようになっていくもの...
2018年あなたにとって素晴らしき毎日になります!
2018年あなたはどんな時間を作っていきますか。 わたしは、最高!!と思える瞬間を、味わっていくために、コツコツと積み重ねていくことを続けてまいります。 色々なことに興味をもつのですけれど、すぐに形にすることが苦手で、じっくりやっていくタイプです。 youtubeなどの動画配信に力を入れていきますので、気長にお楽しみに...