こころ

Category
自分にとってのヒーリングをしていく
忙しいからごめんね、と断るのでなくて、余裕を持ちたいからと断る。 同じことでも、意味が違ってきませんか。 やりたいことしましょう、というと、やりたいこと見つけなくては、探さなくては、と一生懸命になってしまってるあなた。 好きなこと、これやってなきゃしんでしまう!くらいのことは、やってて他がおろそかになるな、と罪悪感を持...
みなひとつにつながってる
いつだって豊か あの空ともつながってる ここにはなんにもないようだけれど 雲、雨、木の滴、土にかえって…… みなひとつになっています かたまりではなく 地平線のように 生きてるだけで幸せなのだから もっともっと追い求める必要はない でもできないから人として生まれてきたのでしょう 最近たまにそんなことをおもいます
他のものになりたかったらまずは自分になってみる
変わらないね。そう言われることに、なんだかうれしくもあり、気恥ずかしくもあった。 昔を知っている友に、久しぶりにあったのだけれど、わぁーっとか、すっごいひさしぶりっっ、とかなくて、やぁ、と挨拶して自然に隣にいた。 浮き沈みがなくて、なんだか心地よい。 あたりまえのようにある川の流れを、じっと見ているときのように、たんた...
こころの扉は無理に開けなくていい、不必要な痛みはいらないのだから。
大切にしたいなと思う出来事、しまっておきたいな、と思うこと、そぉっとしておきたいことってあります。 人に言えばもっと広がるよ、とか、どうして、と誰かから見たら気になるかも知れないけれど、自分の中の扉があります。 いつか開くのかもしれないけれど、いまは開けたくないなーと思う時はそのままでいいんじゃないでしょうか。 だって...
共通点があるとぐっと近くなれる
人と何かしら共通点があると、盛り上がります。 今日も、そんなシーンがありました。家が近い!出身が一緒だった!職場が近かった。好きな曲が一緒! というだけで、なんだか親近感を覚えました。単純ですが。 人と同じことで、話が盛り上がって、さらに次も質問したくなります。 同じにしましょう、と言っているのではありません。共通の話...
しんどくなったらいつでも来ていい場所があるから大丈夫
自分の中に、自分の場所を作っておくって、必要なことだなと思います。 地面も、空気も、空も、人も・・・みんなどこかで、つながってるから、どこにいても一人ってことはないのだけれど。 ここだけは、自分の空間、っていう席を用意しておくと、何があっても大丈夫って、守られているような気がします。 しんどくなったらいつでもきていいよ...
人間の可能性はいくつになっても大きく開く。人形劇のワークショップから
人間の可能性って、いくつになっても測り知れないものがあります。新しいことに、いつだってチャレンジできるからです。なんかきになるな、やってみようかな、その気持ちをを恐れず、ひとまずやってみると、思いがけない気づきがあるかもしれません。 やってみて、やっぱり違うな、と思えばしなければいいことです。あまり深く考えずに、感覚で...
歩みは止まらないのだから、止まっているとがっかりしなくていい
なにもしていなくても時間がすぎていきます。何もしなかった、あーまただ。そう思っても、どんどん時間はすぎます。 何もしなかったと思うからには、したいことがあったはずです。それができなかったということで、がっかりする。そこでまた時間を使っています。 音楽活動のとある会で、人は自分が思っている以上に、成長しているものなのだ、...
自由とわがままの違いを夜空を見ながらふと想う
帰り道、顔を上げるときらめくものがあります。 亡くなった方を、お空の星になったんだ、という事があります。 残されたもののより所として、お空からみてくれているよ、と想う事で、寂しさがやわらぐような気もします。 あの人も、あの人も、きっと見ていてくれるんだな。 どんな行いをしても、空から見ていてくれているんだな、と思うと、...
ありのままの自分でいるとはいい悪いを判断しない事、どういうことだろう?
ありのままの自分でいることってどういうことだろう? あの人すてきよね。すごいすごい!わーいいなー・・・ それで終わらないで、ついそのあとに言ってしまう言葉、ありませんか? 「でもわたしなんて」 相手のことが、かっこいいな、すごいな、と思ったけれども、さて自分はどうだろうか、と比べてしまうのです。わたしもありますー。卑下...