悲しいことがあったときにやってみること

悲しいことがあったときにやってみること

悲しいことがあったときにやってみること

悲しいことがあったときは、楽しかった時を思い出して、感謝しようね

そんな風におしえてくれた方がいました。

悲しいこと。みなさんの経験の中にもあることでしょう。亡くなったり、どうにもならないこと。でも、悲しいという気持ちのままを、ずっとひきずるのは、体力も気力も消耗しますよね。

でも、自分が悲しいのに、その気持ちを抑圧しては、あとあと、もっと痛くなって出てきます。

悲しい時の気持ちを味わうことは大切です。悲しい時には泣くことで、涙となって流れていくこともあります。

そのあとは、わははっ!と笑えたこと、やったーとぎゅーっとしたこと、思い出してみたら、とても清々しいのです。そして、その出来事や存在に、自然と感謝することができてきます。ありがとうね…と。

そんな言葉を下さる方とご縁があることに、感謝です。

「悲しいことがあったときは、楽しかった時を思い出して、感謝」

今すぐに出来なくても、この言葉を知ってるか知らないかでは、今後が大きく違います。

できないと心が思っていても、先にこれをしてみたら、身体が軽くなることも、あるかもしれません。

今後悲しみがやってきたり、過去の悲しいご経験に戸惑っていて、やってみようかな、と思われたら……ぜひ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :