自分の気持ちを正直に表現するために

自分の気持ちを正直に表現するために

自分の気持ちを正直に表現するために

心の中に、あたためていたもの、秘めたもの。それが、どぅわーっと、何かしらの形ででてくること…。きっと体験したことがあるのではないでしょうか。

声を出したり、泣いたり、演奏したり、ダンスをしたり、作品を作ったり、料理したり。

それらがでてくるときは、そういうことを、している最中かもしれないし、想いが募って、それを出したくなるときかもしれません。

あ、黙っているのも表現ですね。

みなさんの表現があるのです。あの人なに考えてるかわからない、という人だって、外に大きくみえてないだけです。

表現って苦手だな。という人の気持ち…わたしも、自分の声を外に出すのに苦手意識があったからよくわかります。

こうして自分の気持ちをもっと出せる

大きな声で笑ったり、悲しいときは思い切り泣いたり…

感情がわいたときに、キャッチします。そして、大きな声で〜を意識的にやっていくと、だんだんと、自分の気持ちに正直になっていきます。そして、外に出すことへの抵抗が減ります。

楽しい時は、たのしい〜!わぁい!と、大きく手を広げてみてください。

恥ずかしいかもしれませんね。でも、他人は見ているようで、そこまで気にしていない、はず。

それでも…という人は、絵文字からやってみませんか\(^o^)/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :