五感を使い、脳の活性化のためには意識的に使うことが大事

五感を使い、脳の活性化のためには意識的に使うことが大事

目の前に見えるものだけでなくて、自分の五感をどんどん使うと、脳が活性します。

嗅覚情報は脳内の「記憶・感情」を司る海馬・扁桃に直結しており,香り香りは「情景・情感」とともに心の奥に長期間記憶される。

次世代ネットワークにおける五感情報メディアの活用より

五感とは

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚

視覚…見る いい眺めだ〜。

聴覚…聴く この曲聴くとなんだか元気がでるな。

触覚…触れる この手はごつごつしてる。

味覚…味わう ご飯がおいしい!

嗅覚…嗅ぐ お味噌汁の香りがしてきた!

また、五感以外の感覚は、第六感などといわれています。直感で、これにしよう、と決めたりするときにも働いています。

感覚を意識してみる

「いまいる場所の香りから、何かイメージできますか。何か感じることはありますか」

いい香り、好きでない、それだけでなくて。やわらかい。チクチクする。ほんわかする。ぴかぴかする…

「今日触れたタオルは、どんな感覚でしたか?」
ふわふわする。もわもわする。ごわごわする。ぐしゃぐしゃする…

まとめ

感覚を使って日々生活しているわたしたち。意識して使うことで、さらなる脳の活性化にもつながります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :