桜の木がおしえてくれたこと

桜の木がおしえてくれたこと

桜の木がおしえてくれたこと

家の前に、桜の木があります。
その近くには、コナラのどんぐりの木が続いていたり、気持ちの良い街並です。

桜の枝がばっさり切り落とされた時期がありました。

伸びていたこと、虫のこと…なにか様々な原因があったのだと思います。

枝先がない桜、見ていて痛々しくなるような、切られ方でした。

幹から、すっと伸びていた枝は、ずんぐりと、太くなり、葉もほとんどありません。

しかし、木の生命力とは、すごいものですね。

わたしは発見しました!

しばらくすると、切られた枝から、緑色の小さな命が芽生えているではありませんか!

土だけではない地面にも、しっかりと根ざし、空に向かって幹、枝を伸ばしています。

切られても、土台がしっかりしているから、また、天へと伸びていけます。

木は魅せてくれました。

まとめ

わたしたち人間も、根っこをしっかりつくるために、心を耕していけば、この伸びる枝のように、変化していけるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :