いただいた命を精一杯生ききるために

いただいた命を精一杯生ききるために

いただいた命を精一杯生ききるために

いつ死んでもいいように生きる。

明日いのちがあるかどうかなんてわかりません。

1秒後、1分後、1時間後・・・

自分のいのちの期限は、だれにもわかりません。

年の長短の問題でもありません。

それは 突然やってくることもあるのです。

事故 病気 ・・・

そして自死、自殺。いのちの期限を自分で縮めてしまった人もいます。

苦しいことから逃れたい、など様々な理由があるかもしれません。でも、そうした人たちを一概に責めることはできないし、してはいけないと思うのです。

なぜなら、その時に、必要な学びがあったことを、受け取ることができなかっただけかもしれないのだから。

つらいことや苦しいときにしか学べないことを、たくさん受け取って糧にしていきましょう。

目に見えるものとしてのいのちには限りがあるけれど、それがなくなっても、残るものはたくさんあるはずです。

そして、いただいた命を精一杯いききるのが、この世に生を受け、いのちをいただいたことへの、せめてものご恩返しではないでしょうか。

どうしたらいつ死んでもいいように生きられるのでしょう

  • これをしたいけどできっこないな
  • これは夢だけど無理だろう

と思っていることを、

  • これをする!
  • 夢だから実現する!

にかえていくのです。

たとえ、死という日を迎えたとしても、日々をそういう気持ちで作っていけば、その目標は、どこかで、何がしかの形で実現するはずです。

よく、夢は叶えるためにある、ともいいますよね。どうやったら叶うかな、やれるかな、に変えて、素晴らしい未来を作っていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :