桜餅の葉は伊豆松崎町が生産量日本一!オオシマザクラ(大島桜)の葉の形に注目

桜餅の葉は伊豆松崎町が生産量日本一!オオシマザクラ(大島桜)の葉の形に注目

3月最後の日ですが、早くも桜の木枝に葉が見られるようになってきました。

桜の葉といえば、桜餅を思い出します。

これを食べるか、食べないかとよく話題になりませんか。わたしは食べています。

独特のしょっぱさが美味だからです。

この桜餅の葉は、みなさんがよくみかける桜の葉と少し違いますよね。香りも。上記の写真のソメイヨシノのそばでは、あまり香りません。

葉の形の違いを見比べてみましょう。

写真:wikipediaより

これはオオシマザクラ(大島桜)です。これが、桜餅の葉に使われています。中でも、伊豆の松崎町は全国シェア70パーセント!

なぜなら、生命力の強い木の植樹と桜葉の栽培方法が合致したからでした。

オオシマザクラは、海岸系の桜で潮風にも強いので、ヤマザクラとして生命力が強いのです。

今度桜餅を食べるときは松崎町が思い浮かびそうです。

100%のうちの70%が松崎町、ほかの30%も伊豆半島がほぼ占めています。

桜葉の作り方や歴史などの詳細はこちらのサイトをどうぞ。

▷伊豆松崎から世界へ sakuraba

伊豆松崎町はこの辺りです

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :