辛い時間や心の痛みを乗り越えるために自分でできること

辛い時間や心の痛みを乗り越えるために自分でできること

当事者にとって、とてつもなく辛く、悲しく、ここにいられるような状態でない時間というのは、年を重ねていれば、少なからずあることでしょう。

でもその事柄は、となりのとなりの人には、痛くもかゆくもない出来事で、声をかけてもらえればいいほうで、

「そう」で終わってしまうこともあります。

共感できても、相手の痛みは相手にしか解決できず、自分の痛みは自分でしか解決できないのです。

どうやったら解決できるのか。

解決法は、これだけ。

自分の痛みをないことにしない。

痛いときは痛がるんです、人に見せなくていいから。

自分の痛みをないがしろにしないで、ただただ、よしよし、と見守ってあげるんです。

痛いのを無理に治そうとしなくてよいのです。

事故にあって、緊急手術の事態ではないので。

痛みを隠したりないことにしてきた人は、痛みを認識するところからはじまるでしょう。

痛みを見守ってよしよししていると、そのうち、遠くから痛みを見られる自分がいます。

それが、痛みだけでなくて、自分自身を客観的に見られるようになってきます。

痛みをないことにしたり、人のせいにすると、ぐるぐるまわって、また痛みがやってきます。

でも、その最中は、そういうことに気づけないものです。

さまざまな体験や経験を積んでいくうちに、痛みの対処の方法も、つかんでいけることもあるでしょう。

しんどくてどうしようもなくなる前に、カウンセラーさんを頼るのもひとつです。

そして、その過程で、誰かが寄り添ってくれて、その痛みがやわらぐこともあります。柔らかくなることもありますよね。

与えられた目の前の出来事に、一喜一憂せず、人生を深めていきたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :