自分がどうありたいか、ややこしいことを考えていくと絡まったりほどけたり。さてその先は

自分がどうありたいか、ややこしいことを考えていくと絡まったりほどけたり。さてその先は

おだやかに、優しく、たとえ荒波があっても、どうにか生きながらえる体力と運を持ち、すこぶる爽快に、笑いを携え、夢とともに希望に向かって進んでいけます。

困難には立ち向かうばかりでなくて、回り道や逃げ道もあることを知っていれば、手助けがそばに届いているかもしれません。

自分はこうありたい、と思えば、そのようになっていくものです。なっていなければ、まだその時ではないのかもしれません。

そうなる途中の過程をもっともっと、体験しなさいよ、ということなのかもしれません。

2018年1月2日昼間、窓の外から眩しくこちらをみつめる光がありました。

いつも見ていてくださる、照らしてくださる。誰の上にも。

当たり前に光が差しているし、当たり前に心臓が動いている。でも、これは本当に当たり前なのか。

当たり前が当たり前でなくなる日ってあるだろうか。面倒かもしれないけれど、そういうややこしいようなことを、あれこれ、考えていくことで、人間として、心も脳も成長できると信じています。

そして、今日は満月で、夜空からも希望あふれる新年だということが示されています。

あなたの希望も照らされています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :