保育園のクリスマス会でミュージックパネルシアター公演〜さくらっこあきちゃんず

保育園のクリスマス会でミュージックパネルシアター公演〜さくらっこあきちゃんず

保育園にサンタさんが来てくれたそうです。こどもたちは、うきうきと、サンタさんがどんな顔だったか、どんな風に登場したか、息つく間もないほどに、話してくれます。

そんな楽しい日に、さくらっこあきちゃんずのパネルシアター公演でうかがいました。

パネルシアターは、パネル布を貼った舞台(写真だと、白い長方形の板状のもの)に、人形や小物、文字を貼り付けたり動かして、メッセージを伝えるステージです。

マグネットのように、ペタッと貼り付けることができます。マグネットと違うのは、貼り付けたままでなく、動きを伴うことができるので、視覚的な楽しみがあります。

それに音楽をのせて、見るだけでない作品づくりを心がけています。

さくらっこあきちゃんずの、あっちゃん、けいちゃんは約15年パネルシアターを研究、作成、公演をしています。 オリジナル作品も作っています。

ブラックパネルシアターも今回披露しましたよ。きよしこの夜やジングルベル、クリスマスの歌にのせて、ピカピカ光るパネルです。

暗くなっても、全然大丈夫だよ、とちちんぷいぷいのおまじないで、会場をこどもたちと一緒に暗くしたので、泣いたりびっくりする子はいない様子でした。

園長先生や、先生がとても親切で、あたたかなおもてなしに感謝しました。

だれかを思う気持ちは、どんな形であれ、相手に届くものですね。

ブラックパネルシアターをするので、演じる方も黒くなりました(笑)

公演のご依頼受付ています。お問い合わせよりどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :