共感覚、数字に色が見えたり、声や音に情景が浮かぶとは

共感覚、数字に色が見えたり、声や音に情景が浮かぶとは

共感覚は五感ひとつひとつの混合や統合

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚が、私たちの五感として、存在しています。

ひとつひとつ別物だけれども、私たちはそれらの感覚を混合して捉えることもできます。

たとえば、ふくよかな味わい、甘い声など言葉においても混合の感覚がみられます。

共感覚とは、黒い数字に別の色が見えたり、音から色が浮かんで見えたり、そうであると思われていることと、別の感覚を受け取っていることがあります。

私自身は、数字に色が見えたりすることはありませんが、声や音楽を聴いて情景や物が浮かんで見えたり、色や温度を感じることがあります。

自分自身が、共感覚者であるという意識は全然ありませんでしたが、自分の感覚を大切にして生きることで得られる喜びを伝えたい、この世に生まれた大切なお一人お一人の命を、限りある時間の中で精一杯輝かすことをしていきたいという思いがあります。

共感覚というキーワードでお役に立てることがあるのではないか、と最近思っているところです。

音色パステルアートもその一環です。今度のワークショップは、3色パステルアートの浜端先生や、講師の皆様のご協力で、おかげさまで満席でありがたいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :