カフェ・オ・レに浮かぶ情景

カフェ・オ・レに浮かぶ情景

ほっと一息つける幸せ

コーヒーの苦味が口の中に広がるのが苦手なのに、カフェ・オ・レという字面と響きに惹かれる。

注文してカップのふちに口をつけて、「あーまたやってしまった」とその苦味を後悔する。

でも最後まで飲み、鼻に香るは、嫌な気はしない。

キャラメルミルクを注文したこの日は、最後まで棘もなく素直に入っていった。

私たちはもともと、いいなぁと自分で思うものを知っている。

本当にいいなあと思うものは、棘を通り越したときに見えることもある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :