何もしてないと思う時こそ、自分の体にありがとうを伝える

何もしてないと思う時こそ、自分の体にありがとうを伝える

何もしてないと思っていたけれど

何もしてないはずはなく

ただ時がすぎると思っていたけれど

ただすぎてるわけでもなく

何もしてないと思うのは

自分の未来にみえているもの理想と

今が一致していなくて

なんだかなーと

思う時

ただ時が過ぎてると思うのは

必死な中に生きてる時

そんなときは

大の字にごろんとしてみよう

地を感じて

パワーをたくさんもらって

体の中にながしてあげよう

流れが滞っていたら

それも感じて

流れるイメージをしてみる

ゆっくりゆっくり

大きく息をして

自分の体に

いつもありがとうを伝えよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :