夕焼け小焼けの歌は情景が浮かび、言葉を味わって唄える。高齢者の回想法にもあう曲

夕焼け小焼けの歌は情景が浮かび、言葉を味わって唄える。高齢者の回想法にもあう曲

高齢者施設で、ピアノを聴いていただいたり、ご一緒に歌を歌う活動をはじめました。

先日は、夕焼け小焼けを弾きはじめると、すぐに口ずさんでくださいました。

夕焼け空にまた明日ね、と名残惜しい様子、どこか懐かしい情景を思い出せる曲です。

子どもっぽいとか、皆様を子ども扱いしないように。

しかし、こんなにも長く愛されている歌ですので、切ない歴史も見てきました。

夕焼け小焼けは、中村雨紅さん詞、草川信さん曲で、お二人とも学校の先生をされていました。

子どもと日々触れ合ってきたお二人から生まれた曲です。

1923年に世に出たのですが、関東大震災の数ヶ月前に誕生した曲でした。

ですので、この歌が、震災後の生きる力になった方もいたようです。

たくさんの方の支えになってきた歌。言葉を味わって歌っていきましょう。

また、ちょうどお誕生日会があり、ご一緒にお祝いすることができました。

演奏にのせてみなさんのお声と、職員の方のやさしさに、お誕生日の方が涙涙で、こちらも感激いたしました。

音楽で、こころがひらいたり、なにか思い出したり、あの時の出来事と今がつながったり・・

みなさんの心がほぐれる歌や曲で、生活に少しでも潤いと彩りがありますように。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :