高齢者の怪我を防ぐ方法のひとつ

高齢者の怪我を防ぐ方法のひとつ

年齢を重ねると、足が上がりにくかったり、痛みが伴うことがありますよね。

高齢になってくると、自分で思うように動けないこともあることでしょう。

そんなときに、大丈夫!と力をはるよりも、いつでも上手に転べる!くらいのほうが、怪我をしにくいです。

転ぶ練習をしておくといいです。転ぶ、というより、あ、だめかも、と思う前に自分でしゃがんだり、人に伝えることで、大きな怪我にならずにすみます。

と、リハビリの専門家のお話より。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :