ピアノ一丁、国府弘子さんのCD「何を弾くか」より「どう奏でるか」

ピアノ一丁、国府弘子さんのCD「何を弾くか」より「どう奏でるか」

「何を弾くか」より「どう奏でるか」国府弘子(ジャズピアニスト) <CDピアノ一丁 ライナーノーツより>

どんな曲でも、一音一音に、魂を込めて演奏することで、想いを届けられる。だから、何を弾くかよりも、どう奏でるかが大切か気づきます。

その一音の音色で想いを告げることもできるし、帳消しにしてしまうこともある、ともおっしゃっています。

ピアノ一丁!のテーマから

このCDの1曲目がピアノ一丁。これタイトルです。

何があってもまぁいっか〜、と思えるような気楽さがあって気持ちがいい!扉がだんだんあいて、一緒に歩いて行こうよ!と言ってくれています。

だから、また聴きたくなって、何回もリピートして、次になかなか行けなかったりして。笑

ほかのことにもあてはまる

「何を弾くか」より「どう奏でるか」は、様々なことに通じます。

たとえば「何の仕事をしているか」より、「どういう生き方をするか」 自分は、どんな風に生きたいか、を考えてみます。

  • 仕事の時間をほどよく、家庭での時間も作る
  • 自分の趣味をおもいきり楽しむ
  • 人としてやさしく
  • 思いやりを持って
  • 人に寄り添う・・・

現状でそれができるか考えます。
→できる→もっと深くできるためのいい方法はある?
→できない→どうしたらできるようになる?

どんな仕事をしていたって、自分の生き方を見つけられます。決めるのは自分だから。

もしできなかったら、その時々で、どうしたらできるようになるのか考えて、行動していけばいいのです。

自分だけの力でなく、他人の力をかりながら。

まとめ

「何を」よりも、「どうしたいか」を考えたほうが、先が見えてくる

国府弘子さんのCD「ピアノ一丁!」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :