「タンザニア・アルビニズム・コレクティブズ」アルビノの方々演奏するCDアルバム『ホワイト・アフリカン・パワー』を、みきと行こう「タンザニア・サファリナイト」のおかげでみつけました

「タンザニア・アルビニズム・コレクティブズ」アルビノの方々演奏するCDアルバム『ホワイト・アフリカン・パワー』を、みきと行こう「タンザニア・サファリナイト」のおかげでみつけました

タンザニアってどんな曲があるのだろう

6月2日にCD発売になった曲を見つけました。

「タンザニア・アルビニズム・コレクティブズ」の演奏するCDアルバム『ホワイト・アフリカン・パワー』です。

バンドメンバーの中にはアルビノの方がいます。アルビノとは、先天的な遺伝子疾患で、色素に色がないため肌や髪が白っぽいのです。アルビノというだけで、迫害を受け、狩られてきたそうです。

グラミー賞の受賞歴を持つ米カリフォルニア州出身の音楽プロデューサー、イアン・ブレナンと、共同プロデューサーのマリレーナ・デリが、彼らと一緒に演奏したいと、立ち上がり作ったのが、CD「ホワイト・アフリカン・パワー」です。

ウケレウェ島に住んでいるアルビノの方々の演奏

ウケレウェ島というビクトリア湖にある島は、本土と橋で繋がっていて、アルビノの方々が比較的安全に暮らせる場所のようです。

そこへイアン・ブレナンとマレーな・デリが出向き、メンバーを募り、できたのがCD「ホワイト・アフリカン・パワー」。この夏ツアーもあるそうです。

なぜ、タンザニアの曲「ホワイトアフリカンパワー」を知ったの?

さて、なぜこのタンザニアの曲を知ったかというと、一年で地球を5周したネイチャーガイド みきさんの、「タンザニア・サファリナイト in 神楽坂」に行くからなのです。

サファリってどんなところなんだろうか。タンザニアの音楽ってどんなのがあるのかな、と思っていたら、見つけました。

世界を旅してきたみきさん。しかもご自身の旅行をしたのではなく、お客様のツアーコーディネートや、珍しい生き物のことを調べたり撮影したり・・・。珍しいものに興味がある私。とっても楽しみ〜。

ブログの「みきと行こう」のみきさんから、直接アフリカ、タンザニアのお話が聞けます。募集後、すぐに満席になってしまったそうで、応募に間に合ってよかったです。

行ってきた報告も書きますね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :