こころの扉は無理に開けなくていい、不必要な痛みはいらないのだから。

こころの扉は無理に開けなくていい、不必要な痛みはいらないのだから。

大切にしたいなと思う出来事、しまっておきたいな、と思うこと、そぉっとしておきたいことってあります。

人に言えばもっと広がるよ、とか、どうして、と誰かから見たら気になるかも知れないけれど、自分の中の扉があります。

いつか開くのかもしれないけれど、いまは開けたくないなーと思う時はそのままでいいんじゃないでしょうか。

だって、無理やり扉を開けたら壊れてしまうでしょう。

無理にこじ開けたり、バチンとすると痛みを伴います。

時に、押してもらうこともあってもいいけれど、そういう時は信頼できる方にお願いするのが一番いいです。

痛いことをしないとわからない?!でも、不必要な痛みはいりません。痛みに痛みを重ねたら・・・どうなるか想像したくないですね。

でも、開かなくて苦しんでるなら、開けたいな、って気持ちがわいている証拠ですよね。でも開けられない。

「楽な道を選んでる」ということとは、ちょっと違うのです。

楽をするというのは、目の前に自分ができることがあるのに、しないことです。苦しんでいる時は、そういうこともできないのです。

人から見たら楽な道〜を歩いていたっていいじゃないですか。まずは、そこを歩いてみて、歩きながらいろんな道を散策してみましょう。

自分のこころを大切にしましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :