子どもは社会から預かり、成長の過程を共に歩む。朝活で学んでいること

子どもは社会から預かり、成長の過程を共に歩む。朝活で学んでいること

子どもは社会から預かり、成長の過程を共に歩む。朝活で学んでいること

最近朝5時に起きます。

スカイプで、仲間と30分程度、あるひとつのテーマについて話をする朝活をしています。1月からはじめたので、まる2ヶ月が経ちました。平日だけですが、みなさんそれが終わったら、家事をしたり、会社へ出かけます。

チームで朝活いいですよ。自分一人では考えられなかった案が聞けたりしますから。

ご一緒している方は、小学生以下のお子さんを持つワーキングマザー。ご自身のブラッシュアップもしたい!という意欲的な方々です。本当に頭が下がります。ご家族との時間も、会社での役割も、自分の成長も全部大切。だから全部する。

全然できないや〜っと放っておくのでなく、0.2%の改善で、日々ちょこっとずつでも、何かしらやれば前進していく、という前向きさが伝わってきます。

私にはできない、と思っていたら何も変わらないけれど、手抜きもok!完璧でなくてok!きょうはこちら、明日はこちら、と、1日で全部しなくてもいいのです。できないことがあっても大丈夫。

完璧を目指しているのではなくて、やりたいことを興味をもっていった結果、いろいろなことにチャレンジしています。

お子さんがいるということは、一人の人を社会から預かり、成長の過程を共に歩んでいるのです。

それを実践されている朝スカイプに集う仲間たち。時間がないながらも、やりくりして、一人の人としてのあり方を追求し続けいる方々です。心から尊敬しています。

わたしも、みなさんに役立つ意見を出せるよう、日々精進です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :