ピアノやキーボードの簡単なお手入れ方法

ピアノやキーボードの簡単なお手入れ方法

使わなくても汚れはたまるのです

  • ピアノ、キーボード、触れたら汗でべとべと、ぬるぬる……
  • 長らく掃除もせず、置いておいたので埃っぽい…

そんなとき、なんだか悲しくなります。しかも、そういう場合、持ち主の方がそばにいても、気づいていないことが多いのです。

ピアノがこんな状態に!?

雪がつもっていた。
白というより灰色でふわふわしてて、うっすらと。暑い日だったけれど、積もっていた。

その下に少し、黒色がのぞくのだけれど、ふわふわは、なかなか手強い。

ふわふわを、ふうっと吹いたら鼻がむずむずした。また少し黒色がのぞく。布でごそっと拭き取って、磨いたら…べっぴんさん!

たまにこんなピアノに出会います。どうぞお掃除してあげてくださいね。

〈普段の簡単なお手入れ方法〉

  1. ピアノも、キーボードも、まず、弾く前に、必ず手を洗い、清潔に
  2. ひき終わったら、やわらかい布で拭く
  3. 時折、鍵盤用クリーナーや、外装用のつや出しで丁寧に。

楽器によろしくね、の意味もこめて行います。

ひき終わったら、やわらかい布でさっと拭く癖をつけておくと、楽器が長持ちします。

ただし、化学ぞうきんは、ピアノを傷める成分が入ってることがあるので注意が必要です。

ピアノの鍵盤用のクリーナーや、外装のつや出しもあるので、時折、丁寧にお手入れする時間もとりましょう。

楽器を大切にすることは、上達することにつながります。演奏は心。お手入れも、心がなくてはできませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :