人が喜ぶことうれしいことをどんどんすると自分に返ってくる

人が喜ぶことうれしいことをどんどんすると自分に返ってくる

人が喜ぶことうれしいことをどんどんすると自分に返ってくる

お店で、うれしいなと思う体験、みなさんはどんなことがありますか。

  • あまり干渉せず、どうしても聞いてみたい!というタイミングでそっと聞いてくださる。
  • ちょっと食べづらそうなメニューの時、フォークとお箸が一緒にある。
  • なくしたと思っていたものがお店にあって、次に行った時に聞いてくれた。など

そんな風に仕事をされている方は、お客さんがどうなったらうれしいかな、を日々考えてらっしゃることと思います。そういう人に出会うと、あーもっとお話ししたいな、とかこの人から買いたいな、また会いたいな、と思えます。

その人にはきっと、心地よい輪が深く広がっていくのでしょう。

言わないと教えてくれない?

さて、今日はそれとは逆の体験をしました。所用で市役所にいきました。「〇〇の用事で来ました」といったら、「はい」としかおっしゃらないのです。私の言葉が足らなかったせいもありますが。

次に「〇〇の用事で来たのですが、△△のことがよくわからないのです。教えていただけますか?」といって、やっと、動いてくれたのです。事前にネットでこんな手続きが必要なのだ、ということを調べて行ったので、「これの他にこういう書類や手続きって必要ではないですか?」と聞くと、そのようで、用紙を出して説明してくれました。全部言わないと、向こうからは教えてくれませんでした。

また来たい!と思うには

サービスってお客さんの言いたいこと、したいことを先に先に考えてしていくから喜ばれて、また来たい!と思うのだろうな、と体験しました。

でも、市役所はどうしても行かなければいけない時もあります。笑

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :