得意でも苦手でも、できてもできなくてもいい

得意でも苦手でも、できてもできなくてもいい

得意じゃない、と思っていたのに、あるときからできるようになった。

苦手だと思っていたのに、あるときからこなせるようになった。

得意だと思っていたのに、いつからかできなくなっていた。

上手だと思っていたのに、いつからか下手になっていた。

なんだか、どちらも一緒に見えてくる。聞こえてくる。違うことだけれど、本質は同じ位置にあるのかもしれない。

得意でも、苦手でも、上手でも。下手でも、どうでもいいことなのだ。

そういう分類が言葉としていちようあるということ。それだけ。だったら、いまその瞬間を、大いに楽しんでいたほうが充実する。

甘いことも、苦いことも、すでにある、あなたの中に。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :