なんでこうなるの!とイライラしたときによむ話

なんでこうなるの!とイライラしたときによむ話

他人にこうあってほしい姿を思い浮かべるのは……幻想。

自分ができるからと、それを相手に求めてしまうよりも、できないことを、補ってもらったり、力になってもらうほうが、お互いがしあわせです。

  • 時間が限られているのに、なんでも自分でやろうとしていませんか。
  • 実は助けてくれているのに、何もしてない、なんて相手に言っていませんか。
  • こうしてくれたらよかったのに、ともっと求めていませんか。

あなたが、できてしまうことは、相手ができるとは限りません。

でも

むしゃくしゃするんですよね。。

なんでこうなるの?

なんでこんなことしたの??

なんでわからないの!!

どうしてできないの??

ちゃんとやってよ!!

って。

そんなときには、その想いをそっとなでてみてください。怒りをそのままに、少し遠くからみるために。

なでる、なんだか難しそうですか?

むしゃくしゃしたって大丈夫なのです。こんな私でもいいんだよ。嫌な自分がいてもいいんだよーって、声をかけてみてください。

いい人でありたいと思えば思うほど苦しくなる。言いたくないことを言ってしまって、辛くなる。

すぐにはなくならないかもしれないけれど、上の方から自分を見ているつもりで、このままでいいよー、といってみます。

このままが嫌かもしれない。それでもいいって、自分にまずは教えてあげる。

そうしたらきっと、近々、内面の変化にきづくあなたがいますよ。

▼詳しく知りたい方へ。大塚彩子さんの記事がおすすめです

どんな自分にも「いていい」と言おう

「自分を愛する」って何? 「自分を好きになりましょう」「自分を愛しましょう」などと、よく言われます。 人によっては、もうさんざん聞き飽きてるかもしれないしある…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :