目標をきめて達成しなくては!と頑張らなくていい

目標をきめて達成しなくては!と頑張らなくていい

目標をきめて達成しなくては!と頑張らなくていい

「目標を決めて突き進む」いや〜そうでなくてもいいんだ!

今日、おかちまちたろさんの占星術のセッションで腑に落ちました。

目標を立てる、やることを決めるのは、今よりも未来に向けて進むため。でも、決めたことを守らなくったって、未来にむかってればいいのです。

行くまでの過程がふらふらしても、寄り道しても、全然いいのです。やりながら、あれ、こっちのがいいな、こっちもやりたいな、でいいのです。

心のすみにおいてあったモヤモヤが、帰り道に、すごく晴れ晴れしてました。

行きたいなと思う場所は、決めておけば、道筋がわかります。だけど、行きながら進路変更していい。

こっちのほうがわくわくするなーと思ったら、そっちにふらふらしたっていい!

目標を立てるのになぜ抵抗があるか

わたしは決めてしまうと、そこに行かなくてはいけない、と思って目指す傾向があります。そこにいくための、するべきことを設定しますね。そこから外れることに、恐れが生じることがあります。

なので、目標を立てることから目を背けたくなるのです。設定通りに進まないのは気持ち悪い。でもそれ通りには絶対できない。だからモヤモヤ。

だってねー、途中で、魅力的なことに出会ってしまったりするから、そちらへも足がむくわけですよー。

そんなことで、きっぱりと目標をたてる、ということをあえてしていませんでした。ふわふわと、あ〜こんな感じ、というイメージはもっていますけれど、どこへふらふらと行ってもいいように。でもそれは、言い訳できるようにしていたのかもしれません。

目標を立てることにとらわれない

なにをするかの設定クリアのためでなく、わくわくしたり、好きなことをみつけて豊かな人生に取り入れるために、目標を立てる。

目標を立てて、ここに行きたい、と目指すことはとてもいいけれど、別にそこにとらわれなくていい。というより、できないのだから。と私の傾向を、たろさんに言葉にしていただいたきました。

ふらふら〜っといろんなところに足がむきながら、そういうところにたどり着く。たどり着く場所も変わっていくかもしれない。

おかげで、どんどん進めそうです。

わたしたちは、この日、この時間、と決めて生まれてきました。頭で考えただけでは整理のつかないことが、世の中にはあります。いいとか悪いとかは別にして。

西洋占星術、月の流れでわかることがたくさんあるそうなのです。たろさんのサイトが、とってもわかりやすいので、ぜひ活用して下さい。今日の日付で三ヶ月先をよんでくれているので、未来への対処ができますよ。

たろむーん

占星学を使って人生を豊かにしよう

▼目標に抵抗のある方へ、この記事もおすすめです

目標なんて無くても、楽しい人生を送れるから大丈夫!

ずっと目標が持てなくて苦しかった 子供の頃 子供が折に触れて聞かれる質問にこういうものがある。 「将来、何にな…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

【広告コード】

CATEGORY :